年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2017-9-20

イチョウの剪定

庭にイチョウの木を植えている、という方もいると思います。イチョウは1年で数メートル以上伸びると言われているように生育が早い木で、20メートル以上の大木といったものも存在します。そのため剪定に強い木・病気に強い木と言われていますが、一方で剪定をしなければ大きく枝を伸ばし、庭の見た目を悪くしてしまいます。
ではイチョウの剪定時期や、その方法はどういったものなのでしょうか。
イチョウの剪定は葉を落とす11月の下旬から2月までの時期に行うのが良いとされています。この時期を過ぎてしまうと新しい葉を出す準備を始めてしまうため、避けるのが一般的です。また冬の時期であれば病害虫が付きにくいのも理由の1つです。
剪定についてはまず、目的の高さを意識することが必要です。枝の多い方が生育は良いとされるため、その高さに達するまではあまり枝を落とさない方が良いでしょう。目的の高さに達したら枝を切ることが大切とされており、細い枝はすぐに出てくるため、大きな枝を残し細かい枝は取り除いてしまうことも多いようです。
剪定は少なからず木を痛めてしまう部分があるので、どこまで切っていいのか不安なことも多いでしょう。その際は当サイトを利用して剪定のプロに依頼してみるのも1つの手です。

バックナンバー