年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2017-8-23

効率の良い草むしり

頻繁に長い時間草むしりをすることになると、暑さのため熱中症になりやすかったり腰が痛くなったりと大変です。そうならないためにも、効率よく草むしりをしましょう。
まずは、草を抜いた後すぐに芽が出ないように根からしっかり抜くことが大切です。地面が柔らかいほうが根から取り除きやすくなるので、雨上がりの草むしりがおすすめです。雨が降っていない場合には自分で水をまき、土を柔らかくするとよいでしょう。地面が硬いと草はすぐ千切れてしまい、根から取り除くことが困難になりますからね。それでも千切れてしまい根が残ってしまった場合にはスコップなどでしっかりと根を取り除きましょう。面倒な作業でも、こうすることで次に芽が出てくるまでの時間を遅らせることができるのです。草抜き用のコテやスコップなどもありますので、それらを使うとさらに効率が上がります。
また、草を抜き終わったあとに砂利を敷き詰めることで生えてくる草の量を減らすことができます。砂利により太陽の光が遮断され、草が育ちにくくなるためです。注意点として、薄く敷いてもあまり効果がないため3cmほど敷き詰めることをおすすめします。
暑い夏の草むしりはとても体力を使います。様々な工夫を凝らして効率的に草むしりをしていきましょう。

バックナンバー