年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2017-6-7

草むしりは根が張る前の梅雨終わりがラク!

温かくなり日差しも風も気持ちがいい季節は、草花がよく育ちます。そして青々と生命力をみなぎらせるのが、雑草たちです。むしり取ってもむしり取っても振り返ってみたら元通り!?ということはさすがにありませんが、こちらの苦労はなんのその、手を抜くとあっという間に生い茂ってしまいますよね。少しでも効率よく、身体への負担も減らしながら楽に行いたいものです。
草むしりに適切な時期があります。それは梅雨の終わり時です。梅雨の時期は雨がたくさん降りますが、雑草の根がまだ地中に広がっていません。根が張るのは、梅雨が終わり真夏の日差しが照りつけるようになったときです。水分を求めて地中の深く根が張っていくのですね。ですから、梅雨が終わったらすぐに、お庭の雑草を抜きにかかりましょう。根っこからあらかた抜いてしまえば、夏の草むしりはだいぶ楽なものになるはずです。
草むしりは屈んだ姿勢でやるものだというイメージがありますが、椅子を使うと引き抜くのが楽だというアイディアがあります。浴室で使うくらいの小さな椅子に座りながら引き抜くとだいぶ楽に作業ができるようです。試してみてくださいね。

バックナンバー