年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2017-4-26

地下茎まで枯らすために

農家の方や、ガーデニングを楽しみにしている方などにとって、天敵とも言えるのが雑草です。どこからでもやってきて根付いてしまう雑草は、周辺の植物を弱らせる大敵です。そのため、見つけ次第速やかに草刈りするのが望ましいです。
しかし、そんな雑草の中でも地下茎を持つ種類の雑草は要注意です。地下茎とは、植物の根のように地中に伸びる性質を持つ茎のことを言います。有名なものでは、ジャガイモ・里芋・玉ねぎなどが知られています。しかし雑草の中でも、スギナやドクダミなどが地下茎を持っています。

雑草の草刈りの際、この地下茎が厄介なのです。
地下茎には栄養が蓄えられています。そのため、地表に出ている部分だけ草刈りしても、地下茎から再び芽を出してしまうのです。また、地下茎を切断したり掘り起こしたりしたとしても、分断された地下茎がそれぞれ目を出してしまうため、根絶するのがさらに困難になってしまいます。

それを避けるためには、除草剤を使用するのが最も楽な方法です。しかし市販の弱い除草剤では、強靭な地下茎を十分に枯らすことができない場合もあるのです。しかし草刈りのプロに施工してもらうことにより、厄介な地下茎まで根こそぎ枯らしてもらえるでしょう。何度も雑草被害にお悩みの方は、一度ご依頼されてはいかがでしょうか。

バックナンバー