年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2017-3-13

サクラを植えるリスク

3月に入り、徐々にサクラの季節が近づいてきました。春の風物詩とも言えるサクラだけに、ご家庭によっては庭にサクラを植えたいと考えることがあるかもしれません。しかし実は、サクラは庭木としてはおすすめされないこともあるのです。それはどうしてでしょうか。

サクラには「サクラ切るバカ、ウメ切らぬバカ」という言葉があります。サクラを剪定してはいけないということではないのですが、サクラの切り口は腐りやすいのです。腐ってしまいますとシロアリの侵入を許してしまう事があり、そうなれば住宅もシロアリ被害に遭うリスクが高まってしまいます。また、秋から冬にかけて大量の落ち葉が発生しますし、シロアリ以外の害虫を引き寄せる事も多いです。また、サクラは非常に大きくなるため、簡単には剪定や伐採ができないという不便もあるのです。

サクラを植えるのは、このような大きなリスクがあります。既に植えられているという場合には、お庭のプロに依頼してサクラの面倒を見てもらうようにしたほうがよろしいでしょう。

バックナンバー