年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2017-2-24

冬も芝生を楽しむのなら

暦の上では春になりましたが、まだまだ寒い日が続いています。冬になりますと多くの草木が冬枯れを起こし、お庭も寂しくなってしまうことでしょう。しかし、そんな冬の間も、芝生の種類によっては青々として芝生を楽しむことができます。
それは、「冬芝」と呼ばれる芝です。西洋芝には、暖かい地方に適した「夏芝」と、寒い地方に適した「冬芝」の二種類があります。夏芝は育てやすく、夏になりますとグングンと勢い良く生長するのが特徴です。ただし暖かい地方に適した芝ですので、冬になりますと冬枯れを起こし、茶色く寂しい外観になってしまいます。暖かくなれば再び青々と茂るようになりますが、それまでは茶色いままです。
一方で冬柴は、冬だけでなく一年中青々とした葉をつけます。そのため、一年を通して芝生の青を楽しむ事ができますが、日本でも関東以南のような温暖な地域になりますと夏枯れを起こす事があるようです。また、病気や乾燥に弱く、夏芝と比較して管理が難しいという欠点もあります。

もしも北海道や東北地方と言った冷涼な地域にお住まいでしたら、このような冬芝を張ってみるのもよろしいでしょう。ただし芝張りに適した地域だったとしても、冬芝は管理が難しいという点に変わりありません。
そのため、お庭のプロに相談されることをおすすめいたします。お庭のプロは芝刈りなどの作業はもちろん、芝生についての相談にも応じてくれることでしょう。冬芝に興味をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。

バックナンバー