年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2016-12-2

伐採は業者に任せましょう

庭にある枯れ木など放置しておくと腐食し、シロアリの繁殖を促したり、倒れてしまったりと危険性が高まります。そのため、枯れてしまい、不要になった樹木などは早めに伐採しておくと良いでしょう。伐採にはノコギリやチェーンソーなどを使いますが、大きな木ほど危険性が高まります。大きな木はそれだけ幹も太くなり、切る際の労力も増します。ノコギリやチェーンソーなどの扱いに慣れてない人が行うと怪我や命の危険すらあるのです。例えば、ノコギリで木材を切っている際に、引っかかってノコギリが大きくしなったことはありませんか?しなるだけならまだ良いですが、場合によってはそのまま折れてしまい、破片で怪我をするということもありえます。また、ノコギリだと効率が悪いからといってチェーンソーに変えるのも危険です。チェーンソーは扱いに慣れてない人が使うと、余計に効率が悪くなり、最悪の場合は命を落とすこともあります。キックバックという現象をご存時でしょうか。チェーンソーにおけるキックバックとは、樹木を切っている最中にチェーンソーの刃が弾き返される現象のことを言います。具体的に言うと、チェーンソーの刃にはキックバックが起こりやすいエリアがありその部分が硬いものや、切断が困難な部分に触れることにより凄まじい力で押し返されるのです。大の大人でも耐えられないほどの勢いがつくため、キックバックが原因で首や腕を切断してしまったという例もあります。このように初心者の伐採には危険があります。1本だけだったとしても、伐採の業者に依頼しましょう。

バックナンバー