年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2016-8-16

できるだけ楽をして草刈りしましょう

夏真っ盛りのこの時期、私たち人間にとっては少々辛い時期です。しかし、地面に生える雑草たちには快適な時期。豊富な日光と雨を受ける雑草たちは、グングンと生長を続けていきます。その光景は、夏の暑さと相まって非常に厄介です。なぜなら、伸び続ける雑草はその場の景観を崩すだけでなく、病害虫の温床になってしまうからです。実際に、毎年何度も草刈りに汗を流す方もいらっしゃるでしょう。草刈りは毎年のお仕事でもありますので、できることなら楽に済ませたいところですよね。
楽に草刈りを済ませるために、まずは草刈りの時期を考えましょう。雑草がよく伸びるのは、雨が降った後に晴天が続いたときです。そのため、梅雨の時期前後から雑草の生長は大きく促進されます。しかし、生長のピークとなるのは7月なのです。そのため7月に草刈りをしてもすぐに伸びてきてしまいますので、草刈りの回数を減らすのなら、ピークの過ぎた8月が推奨されます。ただし、あまりに太く頑丈に育ってしまった雑草は草刈りが大変になってしまいますので、草刈り対象の様子を見て時期を調整した方が良いでしょう。
時期が決まりましたら、いよいよ草刈りです。草刈りは手で引き抜いたり鎌で切ったりといった方法もありますが、それでは体に大きな負担がかかります。そこで、草刈り機の出番となります。農家など広大な面積で行う草刈りならエンジン式のものが推奨されますが、ご家庭での草刈りなら電動の草刈り機でよいでしょう。電動の草刈り機は、コンセントを差せばすぐに使用できる手軽さが魅力です。安価かつメンテナンスもほぼフリー、安全性も高いので草刈り機の使用に慣れていない方には特にお勧めの草刈り機です。面倒な草刈りを行う際は、時期と道具をよく吟味するようにしましょう。その結果どうしても難しいと感じましたら、草刈りを行う業者の方にご相談ください。

バックナンバー