年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2016-6-27

剪定や草刈りが終わった後の片付けについて

剪定や草刈りが終わった後には、その作業の時に出た枝葉や草が大量に発生します。ちょっとした作業であっても山盛りの草が出てしまったり、枝が山になってしまったりと意外なゴミが出てしまいます。もし皆さまでこちらの処分をするのであれば、基本的には燃えるゴミとして処分をします。枝などもそうです。剪定で出た枝については自治体によってサイズの指定があり、その大きさに切ったものをゴミ袋に入れて出すということが多いです。しかし先の通り、大量に枝や草が出てしまうことがあるので、枝をまとめたり、草をゴミ袋に詰めたりと面倒な作業となってしまいます。しかし、剪定や草刈りの後の面倒な作業が嫌という方もご安心ください。業者の多くは作業後の後片付けについても対応している場合がありますので、皆さまがわざわざ自治体のホームページを見て、どうやって処分をすべきか確認をする必要はないのです。またその枝葉や雑草を肥料にしたいという方がいらっしゃいますが、そちらは止めた方が良いと思われます。確かに腐葉土になれば畑に良いものになるかもしれませんが、その過程で枝や草が腐敗してしまうので臭いがしますし、またその臭いなどにつられて害虫も発生してしまいます。腐葉土になるまで1年近くかかるために害虫や臭いという被害を考えると、あまり得策とは言えません。やはり剪定や草刈りが終わった後に出たものは、自分で処分をしたり腐葉土にしたりするよりも、業者に処分をまかせた方が良いと思われます。剪定や草刈りなどが終わった後の片付けも、全て業者にまかせてしまいましょう。

バックナンバー