年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2016-5-4

剪定は庭の定期検診です

桜や梅に松、バラや椿、美しい木々や草花に彩られたお庭には剪定が不可欠です。綺麗に剪定して整えられた植物は、まるでサロンでお手入れを終えたあとのような美しさが見られます。しかし、剪定にはそのような形を整える以上の効果があります。枝を切ったあとも、植物は根や葉から栄養を吸収し、また成長を続けます。そのうえ、正しく剪定された枝からは良い枝が生えると言われ、剪定は植物が生き生きとすこやかに成長を続けるための手段。言わば定期検診のような効果もあるのです。しかし、むやみに枝を切ればよいというものではありません。不要な枝を、正しい方法で切ることが剪定の重要な点です。まず、不要な枝は園芸や盆栽の世界では「忌み枝」と呼ばれます。その種類はさまざまですが、代表的なものとしては幹の一部分から3本以上の枝が伸びている「車枝」、幹に向かい戻って伸びている「逆さ枝」などがあります。それらの枝を一本一本綺麗に切り落とすのですが、その際に、切り口が凸凹してはいけません。切れ味のよい刃物で滑らかな切り口を作らなければ、組織がつぶれて腐敗する原因にもなりかねません。さらに、切り口を斜めにきって水勾配をつけることも重要です。水勾配をつけることで雨水が下に流れ、水が枝の先に溜まって腐敗することを防ぎます。このように正しい剪定には細やかな技術が必要です。お庭の木々を長く綺麗に維持することは手間暇がかかるものなのです。なかなかお時間がとれない、自分でやるのは大変だという方はぜひ一度当サイトにお問い合わせください。第三者機関ならではの目線で、全国の優良業者の中からお客さまに最適の剪定業者をご紹介いたします。

バックナンバー