年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2016-2-24

自分で剪定をするのは危険です

剪定は木の枝を切り取って木の見た目を良くし、健康を促進するためには欠かすことができない作業です。剪定ばさみや庭木ばさみ、のこぎりなどの剪定向けの道具はホームセンターなどで市販されているので、自分でお庭の木を剪定しようと考える人もいるかもしれません。しかし、剪定には木に対する知識が必要ですし、作業中に思わぬ事故を起こす危険性があるため、DIY感覚での剪定はおすすめできません。まず、剪定では見映えを悪くする枝を切り取ることが重要ですが、知識が無いと必要な枝まで切り取ってしまい、余計に木の見映えを悪くしてしまうことがあります。木の剪定はいつ行っても良いというわけではなく、木の種類に合わせた時期に剪定をしないと、かえって木の健康を害してしまうかもしれません。また、剪定作業中に事故が起きる危険性があります。剪定をするときは高い場所で作業をする必要があるため、脚立やはしごを使う必要がありますが、これらの取り扱いを誤るとバランスを崩して転落する事故が起きてしまいます。木の枝に登って作業をしている最中、折れないだろうと思っていた枝が折れて転落するというケースも報告されています。このようなトラブルを防ぐためにも、お庭の木を剪定したいというときには、剪定に対応した業者に依頼することをおすすめします。業者では木の知識を活かして、安全に剪定をして、木の見映えを良くしてもらえます。

バックナンバー