年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2016-2-16

2月はバラのお手入れベストシーズン

春から夏にかけては、お庭を色鮮やかにしてくれていた草花も、冬になるとすっかり色を失くしてしまいます。お庭を眺める機会も減って寂しいとは思いますが、冬こそお庭のお手入れが重要です。特に2月はバラのお手入れをするベストシーズンです。具体的なお手入れ方法としては、強めの剪定が挙げられます。剪定は木の枝を切ることで生長を促す効果が得られます。新芽が出やすくなるだけではなく、目には見えない病害虫の退治もできます。枝を切ると、木に負担がかかるのでは?と心配される方もいらっしゃると思いますが、今の時期のバラは休眠状態に入っているため、刺激を与えてもストレスが少なく済みます。休眠状態を見分けるポイントは、枝葉が褐色、黄色に変色しているかどうかです。品種によっては、変色せずに冬を越すものもありますのでよく確認したうえで剪定を行うようにしましょう。剪定のコツは、硬い枝が枝先にくるようにすることです。硬くて太い枝ほど栄養を蓄えていますので、枝の伸びが良くなります。逆に柔らかくて細い枝先を残したままですと、風通しが悪くなり、病気も発生しやすくなるので注意してください。冬の間にしっかりとお手入れをして、春には立派な花を咲かせてあげましょう。

バックナンバー