年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2015-12-22

雑草による害虫被害

雑草とは、自然に生えている・生えてきた草の事です。風に乗って種が飛来してきて根付き、それらが成長したものが雑草です。雑草を全く手入れせずに放置すると、様々な害虫問題が出てきます。それでは、いくつか害虫の危険性をご紹介いたします。
まず、雑草を放置すると害虫が発生しやすくなります。雑草が生い茂っている環境は、すべての害虫にとって絶好の環境です。害虫には毒を持つものもいますので、人間に害を与えます。イラガ、チャドクガなどの毛虫に刺されると、腫れあがり炎症を起こします。また、ムカデに噛まれると激しい痛みを伴い、中でもアカズムカデは毒性が強く、重症の場合は噛まれた周辺が壊死することもあります。スズメバチに刺されて、アナフィラキーショックにより死亡することがありますが、ムカデも同様アナフィラキーショックが起こりえるので、とても危険な害虫です。他にも、マダニやセアカゴケグモは感染症を引き起こす事があり、最悪の場合死に至る可能性もあります。蚊やナメクジ、ゴキブリは毒性はないものの、大量発生するととても不快で殺虫駆除が大変です。
以上の理由から、雑草を放置しておく事は様々な害虫被害の恐れがあります。このような被害を防ぐためにも、日頃から雑草の草刈りをする事をおすすめいたします。

バックナンバー