年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2015-12-1

冬の間にやっておく庭の手入れ

寒さが増す季節になりました。庭の樹木は休眠したり、葉を落としたりして少し寂しくなる季節です。 しかし、そんな時期でもやることがあります。春に向けての作業です。次の年も整った庭にするためにも、寒い冬にやっておくべきことを今回は紹介したいと思います。 まずは剪定です。常緑広葉樹は寒さに弱いですが、落葉樹や常緑針葉樹は寒さに強いのでこの時期に形を整えておきましょう。植え替えも、するのであればこの時期にしておきましょう。 落葉樹から落ちた葉も掃除します。害虫や菌が越冬する時の住処になる可能性があるからです。焼却するか深く埋めてしまいましょう。 また冬の間に休眠する樹木には害虫の卵や菌がつくので、これも消毒や剪定バサミなどで卵を潰しておきます。春に害虫が出ないようにする作業です。 肥料を与えることも忘れないようにしましょう。冬の時期の肥料を寒肥(かんごえ)と言い、冬の成長ではなく春になった時の成長のために与えるものです。春に肥料が効きやすくします。 木の防寒対策もしましょう。わらを幹に巻く方法や囲いで冷たい風を防ぐ方法などがあります。 他にも雑草が残っているのなら、しっかり刈っておきましょう。 こういった準備を自力でやるのが大変だという方は是非当サイトをご利用下さい。 来年のためにも綺麗な庭を維持しましょう。

バックナンバー