年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2015-8-18

秋を迎える前に必要な庭の剪定

お盆も過ぎたというのにまだまだ暑い日々が続きますが、朝夕の風に涼しさを感じる瞬間もあって、少しずつ秋の気配が近づいていることを感じる今日この頃。夏の庭で青々と茂った草木を眺めるのも爽やかな気分になれていいものですが、秋になると様々に色づき表情を変えていくのでそちらも待ち遠しいですよね。そんな素敵な季節を迎えるために大切になってくるのが、秋に適した庭の剪定。そのいちばんの理由は、庭木にとって多大な被害を与えることもある台風シーズンがやって来ることが挙げられます。スギやヒノキ、ポプラなどが倒れやすい樹木なのですが、せっかくそれまで大切に育ていたのに倒れてダメになってしまったら残念ですよね。台風による樹木の被害を防ぐために必要なことは、まず支柱を設置すること、そして風にあたる面積を少なくするために枝葉を「間引く」ことです。そしてこれは実際に起こったことなのですが、台風の際に樹木の根が腐っていたことが原因で倒れてしまった、ということがあったのだそうです。しかしながら、広い庭で何本も植えられている樹木の根をひとつひとつ確認したり、それぞれの樹木の枝葉を適切に「間引く」ことを自分自身で行うのには多大な労力と時間を浪費してしまうのでなかなか大変なもの。「庭」においても快適な秋を迎えたいという方は、夏が終わってしまう前にぜひ当サイトまでご相談ください。

バックナンバー