年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2015-6-29

庭手入れに潜む危険な生き物

いよいよ夏へと向かい始めているこの季節ですが、そうなると気になるのが植物の成長です。 大きく伸び始めた植物達が庭中を覆い始めていませんか? プランターなどに生えてきている小規模な雑草なら、ご自分で除草作業をされている方も多いですが、 大きなお庭ともなると除草作業も大掛かりになるだけではなく、伐採や剪定なども考えなくてはいけません。 その際、特に注意しなくてはならないのが、思わぬ怪我です。 例えばススキやテキリスゲなどの単子葉類系の葉で手を切る怪我をしたり、 植物自身に含まれる成分で手がかぶれたりする場合もあります。 植物による怪我を防ぐために必要なことはいくつかありますが、軍手を使用することが大切です。 素手で作業をしている方をたまに見かけますが、危険な事です。 またハチや刺のある虫は毒を持っていることもあり、触ると非常に危険です。 またお子さんと一緒に作業をする方もいますが、日本脳炎の予防接種を受けていないお子さんは、 蚊などにウイルスを媒介されてしまう事もありますので、蚊の多い場所には特に注意しましょう。 虫の毒を防ぐためには、暑くても肌を覆う白い格好をすること、見つけたらむやみに近づかずきちんと駆除することが大切です。蚊取り線香や虫よけスプレーも効果的です。

バックナンバー