年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2014-11-19

木の伐採の理由

伐採というと木を建材などとして使用するために行う行為が殆どだと思われていますが、不要になった木や病気に侵された木の伐採も数多く実施されています。 日本国内においては、梅などに感染するプラムポックスウイルスによる被害を受けた梅の木を1300本近く伐採した事例があります。このプラムポックスウイルスは、感染すると果樹の実に斑紋などが現れて商品価値が全く無くなります。効果的な治療法もなく、現在のところ感染木を伐採するのが最も確実な対策と言われています。 不要な木というとイメージが湧きにくいですが、具体的には大きくなりすぎた木、枯れた木が代表的な物になります。大きくなりすぎた木は、植えてある土地の状況次第ですが万が一倒れる場合が考えられる為に行われることが多く、枯れ木も同様の理由から伐採を行います。 また、落葉広葉樹の場合、秋には葉が全て落ちてしまいますが、この管理が大変だという場合に、管理上の理由から伐採を行うこともあります。 いずれにしても、その状況に応じた木の伐採が行われるということで、ご自宅、もしくは所有されている土地などの木が伐採の必要がある場合には、早期に業者に伐採をご検討されるべきだと思います。

バックナンバー