年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

しだれ梅の正しい剪定方法

しだれ梅は梅の品種の一種で、おもに枝のたれた梅のことをいいます。梅は春に白からピンク、または赤色の花を咲かせます。
しだれ梅の剪定は梅の剪定とほぼ同じものになるので、梅の剪定をベースに紹介します。しだれ梅の剪定は植え替えの時期か、六月の上旬から七月の中旬頃行います。梅、そしてしだれ梅は剪定に弱い植物になるので、切断面には必ず“癒合剤”を塗るようにしましょう。
しだれ梅を美しく育てるためにはしだれ梅の剪定を正しく行うことが重要です。しだれ梅の花が開花したあとにその年に生長した枝を100から200ミリ残して垂れた枝を切り取ります。これをしなかった場合、たれた枝から新芽が芽吹き、枝が垂れ下がってしまってしだれ梅が見ぐるしい姿になってしまいます。しだれ梅を生長させる際はあまり低い背丈にしてしまうと垂れた枝が地面に届き、しだれ梅の剪定などの手入れがしにくくなってしまうので、ある程度の高さにするようにしましょう。
もっとも高く出ている成長の良い枝を、支柱を使ってもちあげるようにし、それを主軸にして樹の高さを大きくすることができます。剪定をする際は、風通しがよくそれぞれの枝に日の光が当たるような樹の形を考えながら剪定をしていきましょう。

バックナンバー