年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

他のバラと違うモッコウバラの剪定

モッコウバラはトゲが無く初心者にも向いている種類で、大きな花にはなりませんが花付きがとてもよいのが特性です。
樹勢が強いので目標とするサイズに成長をするまではモッコウバラの剪定はしなくてもいいのです。しかし5センチ以上のサイズの枝が成長してきてジャマに思うようだったら、枝の付け根の部分から剪定をします。また、モッコウバラを剪定する時に枝の途中あたりから切ると、切り残した枝の先端部分からいろんな方向に枝が伸びてきてしまうので必ず付根の部分からキレイに切るようにして下さい。
モッコウバラの剪定は他の種類のバラと違って大きいサイズの枝を切る事が重要なのです。それはどのようにモッコウバラを剪定したケースでも花が咲いてくれることと、小さくて可愛らしい花には真っ直ぐと成長した大きいサイズの枝があまり合っていないからです。モッコウバラの柔らかな雰囲気が失われてしまいます。
また暖かくなった時期は常に大きいサイズの枝が成長するので、そのたびに切るようにして下さい。しかし冬季は休眠期になるため、この際に切るとその状態で春に花が咲きます。そのため本格的なモッコウバラの剪定は冬季にして下さい。また、白とイエローのモッコウバラを比べるとイエローの方が早くに落葉し、白の方は常緑に近い傾向にあります。
バラの管理では、冬の時期は剪定と同じ時期に全部の葉を取りますがモッコウバラはそのままでよいのです。

バックナンバー