年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

木の伐採の必要性

木の伐採問題で一番の問題は、山の木を全て切り、木の伐採を行った時にその後山林に返るように植林を行うか、また植林を行った際に後の手入れがきちんとできるかです。
地球温暖化の問題も言われていますが、二酸化炭素を多く吸収するのは成長途中の木です。そのため成長しきった木の二酸化炭素の発生量と吸収量はほぼ同じなので成長しきった木の伐採を行い、山林を若返らせることが必要です。
以上が木の伐採の必要性ですが、他に木の伐採について気になったことを述べます。まず日本では伐採と森林のどちらを多く行っているのでしょうか。
日本は戦後ほとんどの山に植林され、現在は材木の価格がかなり安いため伐採した後に植林をする余裕が無い状態です。そのため伐採の方が多いです。また、ほとんどの国でも伐採の方が多いと思われます。森林などを切り開いて町などを作っているので、元々草原や砂漠だった場所にわざわざ植林するとは思えないからです。
最近よく耳にする地球温暖化と地球砂漠化の関係ですが、短い期間で見れば地球温暖化によって砂漠化が進行すると考えられます。しかし地球温暖化が一時的なものなのか長期的なものなのかは、少なくてもあと100年程は観測しなければわからないと言えるでしょう。

バックナンバー