年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

ミニバラの剪定は春と秋にしよう

ミニバラの剪定というのも、普通の品種のバラと同様に春・秋のこの時期に剪定をします。
春にする剪定というのは春に咲くミニバラの為の剪定なので実際には十二月から二月の時期に剪定をします。ミニバラの剪定のコツはまずは切れ味のいい剪定ばさみで良い芽の上部で切る、ということです。良い芽の選び方ですが、先に枯れてしまった枝や病気にかかった枝を切り、交差している枝も交差がなくなるように剪定をします。
地上から100ミリほどの間で鉢の外へ向かっている芽が良い芽です。良い芽の上5ミリ~8ミリの部分で切りますが、切口に雨粒が落ちてしまった際に芽にあたらないように、芽と反対側にさがるようにして切ります。また去年度にあまりよく育たなかった種類は短く切った方が元気のよい芽が出てきます。
ただし、剪定をしなかった場合でも一応育って花は咲きます。しかし、きちんと剪定した方が多くの花が咲きます。ミニバラを購入するとタグがついています。そこには、地上50ミリのところで切りましょう、などと記されているものもありますが、単に目安なので、何ミリで切るようにすると言ったきまりはありません。先程説明したようによい芽の上部で切ってあげれば大丈夫です。
もしよい芽が無ければ、よい芽が出てきた時にミニバラを剪定するという手法もあります。全体の樹形を見ながら形よくミニバラを剪定していきます。

バックナンバー