年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

ゴールドクレストの剪定は3月がベスト

ゴールドクレストの剪定の時期というは、三月が一番良いと言われています。なぜならゴールドクレストというは金属のハサミなどで刈りこんでしまうと者褐色に切り口の色が変わってしまう品種だからです。
しかし萌芽直前の三月ならば、たとえ金属でゴールドクレストの剪定し、変色してもまたすぐにそれを隠せるからです。ゴールドクレストの剪定は、円錐形を想像します。剪定の時期は、春上旬の時期に新芽がまだ柔らかい新芽を、道具を使わず手で摘み取るのが一番いい方法とされています。
時期が過ぎ、新芽が固まったケースには、今度は手ではなく道具を使い、剪定をします。元気のある新梢は枝が黄緑色になっていて、このようになっていればどこから剪定しても芽吹きます。しかし古くなり赤茶色になってしまった枝は、葉を残して切らないと、根こそぎ枯れてしまうので絶対に葉を残しておきましょう。
また、たまに元気のある枝が主になっている幹以外にもの主幹になろうとしているケースがありますが、これはあまり良くない状態の為、主幹が1本になるようにします。剪定する際は、枯れた枝を整とんし、葉の先端部分のみを切り詰めます。葉を完全に切り詰めることや、枯れていない枝元から切ってしまうと、新梢が出てこないので、なんだか寂しい光景になります。葉のない枝を全て薄く刈りましょう。

バックナンバー