年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

花を2度楽しめるサルスベリの剪定

サルスベリの剪定の方法は、早期に開花した枝は花が散った後、枝を半分程度の所で切って長さを調節します。
八月の中ごろにサルスベリを剪定すれば、そこから新芽が出てきて、その年の秋に再度花が咲いてくれます。サルスベリの剪定に適しているのは、通常二から三月がいい時期とされています。
形をきれいに整えるために行う本格的な剪定というのは、次の年の春、枝が長くなりすぎる前に行っておきます。サルスベリは実は寒さにとても弱く、冬の寒さの厳しい時期に作業をしてしまうと、枝先から枯れてしまうケースがあります。またサルスベリに多くの花を咲かせるには、サルスベリを剪定する際に、密度が高くなった小さな枝を強く剪定し、通風・日当たりに気をつけてあげることが必要となります。
サルスベリの剪定の方法は、いらない枝を見極め剪定し、自然な形にすると自然形仕立てがあり、やわらかい雰囲気になります。小枝が多いいと、花房は貧弱なものになります。他の太い枝を切り、毎年そのあたりから成長する枝を剪定するので、握り拳のようになるにぎり仕立てをします。躊躇しないで剪定をしてあげると、太くとてもいい新梢が付き、立派な花房ができます。
また花が散ったあと早急に切り戻しをしてあげると、サルスベリに咲く花を二度楽しむことができます。欧米では、鮮やかな色の花が人気なので、より発色のいい花にするため品種改良が日々行われています。

バックナンバー