年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

柿の剪定時期と剪定方法

柿の剪定は、一~三月初め頃まで可能です。柿の剪定の仕方は、若い木の間は枝が立ちやすいという傾向があり、実が出来る時期には開くといった性質があるので、これを考えて行うことが重要となります。
柿の木は背が高く、樹齢も長いのが特徴ですが、若い木は成長も芽吹きもとてもゆっくりです。一年目は、主幹を三十~六十センチほど切って柿の剪定をしてから植えていきます。最初の時期は柿の剪定はしないで、日光が当たらない枝のみを間引きし、そうでない枝は先端を切り戻す程度にしておきましょう。
二年目が過ぎれば枝が横に伸びてくるので水平にさせ、冬の時期に枝の先端を切り戻して剪定をします。三年~五年が過ぎれば、冬の時期に主幹の芯を止し、主枝を三から四本にして開心自然形にすると、とても丈夫に成長します。
柿の剪定は事前に収量を優先させるか、安全性を優先させるかを考えておきましょう。収量を取る場合には、枝の密度を高め、樹高もどんどん伸ばしていきます。その反対に安全を取る場合は、高い枝は切り落とし胸の位置より低い枝を剪定します。実がなった枝には次の年、実があまりならないので、収穫の時、剪定も一緒に枝ごと切るといいでしょう。
花芽は夏に、そして次の春に開花をして実をつけます。夏が過ぎた後の剪定は、花芽のない枝を選んで剪定します。それを見分けることができない場合は、花が咲いた後に剪定するのが安全です。

バックナンバー