年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

季節に合わせた庭木の剪定

庭木の剪定の時期は大きく分類すると冬の時期に行う剪定と夏の時期に行う剪定の二種類があります。
さらにもっと分けると庭木の剪定は、強度である基本剪定という剪定と、軽度の軽剪定という剪定の二種類に分かれます。主幹や主枝などに行う強度の剪定は、行う時期としては樹木が休眠している期間か、または萌芽をする直前に行うのがタイミングとしては合っています。
また、軽度の庭木の剪定は夏の時期や春の時期に作業をします。 特にクスノキ、シイノキ等の常緑広葉樹のケースは、冬の時期の剪定はやめておきましょう。樹木が生きていく負荷、または成長の妨げが一番少ない休眠中の十二月から四月の萌芽前の期間に落葉樹、耐寒性が高い常緑針葉樹の形のを整える際の基本的骨格作りを目標とした整枝剪定をします。気温が上がり始め、新緑が成長し始める頃~それが成葉枝に成長する夏の始まりの頃までに終わらしておきます。
庭木の剪定で五月から六月中の頃までに新芽であるミドリの摘み取り作業をします。 この作業は松の枝振りの基本形ができます。秋には樹木の生長が緩まり、休眠に入っていく時期ですから樹体をあまり痛めるようなことはしてはいけません。
ただし、一般家庭では新年の準備として、十月から中に月頃にかけ、庭木の剪定をする機会が多発します。さらに、翌年新芽が出るまで長期間なので、観賞・管理を行うことがよくあります。

バックナンバー