年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

庭木の剪定や整姿の方法

庭木の剪定というのは、樹木の生長やどれだけ実をつけるのかを加減させたり、樹木の形を整えたりする行為です。
作業としては不要な枝を切りのぞくことを指し、四季によって樹種の特徴に対応して行います。 あまりにも成長をしてしまうと、庭木に迫力が出てきますが、採光性が悪くなるばかりか、その下にある植物が成長しなくなったり、病害虫の対策ができなくなったりとあまりいいことがありません。さらに、庭木や植木双方で栄養を分散してしまうので、他の植木が枯れてしまうケースもあります。
庭木の剪定は、植木バサミや剪定バサミ、剪定のこぎりや高枝バサミ、そしてあれば脚立を使います。夏の時期、庭木の剪定は、成長しすぎた枝や葉を剪定して形を整えていきます。冬の時期は庭木の剪定というのは春に備えた準備を行います。所定の形姿に切ったり、いらない枝を取りのぞいたりします。
また松の剪定は少し変わっていて、新芽のみどりを元の部分から取っておき、枝数の数を減らしたり、葉だけを残して、その下の古葉を取り除いたりするもみあげを行います。庭木の剪定や整姿の方法は種類により変わりますが、剪定をする必要がある枝というのは同じになります。その枝は、たち枝、からみ枝、逆さ枝、平行枝、洞吹き枝、ヤゴ、懐枝、交差枝、徒長枝、かんぬき枝、下がり枝などがあります。

バックナンバー