年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

樹齢によって違うブルーベリーの剪定

ブルーベリーの剪定の目的は、第一に樹勢を良くすることがとても重要です。
ただし、植木を育て始めてから約三年間は一切剪定してはダメで、ブルーベリーの根をしっかり張らせ安定させます。花と芽をつけた枝は折れやすいので剪定するぐらいにしておき、過度な剪定はやめておきましょう。しかしそれでも折れやすい枝を剪定するわけは、大人の木になる前に実がなると木に栄養が行きにくくなり、成長を妨げてしまうためです。1年、または二年ぐらいの間は実をつけないようにして、木の成長を待ちましょう。
しかし中にはブルーベリーを育てる理由として年内には実を収穫できるからと選んだ人ももちろんいると思います。もちろんそれもブルーベリーのよいところでもあるので、木の成長を待つか、早く収穫するかはその人の意としている事によって変えていただければいいのです。
ブルーベリーの枝は、先のほうにふくらんだ花芽、その下部には細い葉芽があります。花芽は、花を咲かせ実がなる芽です。しかし葉芽というのは、実がならない芽で、枝や葉になるものです。ブルーベリーは一年目~二年目の間は強く剪定をする必要がないのです。むしろやり過ぎで樹勢を傷つけないよう花芽を取るぐらいにしておくといいです。三年が経つと剪定は基部から切るようにします。花芽は二年目の枝先とつくので、三年目は花芽を切る剪定をしてはいけません。四年目になれば、ブッシュ、つまりヤブ状となるので、入り組んでいるものを間引きしましょう。

バックナンバー