年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

とても大切な梅の剪定

梅の剪定は効果がとてもわかりやすい植物です。
梅には花の観賞する用と実を収穫する用のものがありますが、双方にとっても剪定はとても大切な作業になります。梅の剪定はきちんとしておかないと花や実も減少してしまうことがあるので、とても大切です。
梅の剪定は目的別に3つに分かれます。①花後の剪定②夏期剪定③冬期剪定です。
①花後剪定は一つの枝に花芽が数個ほど残してその少し先の方を切ります。梅の枝には勢いよく伸びる性質があるので樹形を整えながら剪定をしましょう。
②夏期剪定は実を収穫したあと、だいたい7月の下旬~8月の上旬にかけて作業をします。樹形の剪定というより翌年の花付を良くするために花や芽をつけた枝には特に良く日を当たるように、花芽の付きにくい徒長枝など余分な枝は間引きをし、通風を良くします。
③冬期剪定はつぼみをよく観察し外芽の上で切るようにします。梅の剪定は実の収穫を目標とするなら収穫後の夏期と冬期、花の観賞を目標とするケースは花後を行います。
花、実の双方でもきちんと行って手間をかけてあげればそうであるほど多くの花が咲き、たくさん実がなります。ただ、実際に梅の剪定してみるとなかなかその通りにはできません。一度剪定業者に依頼してお手本を見てみるのも良いかと思うので、よければ試してみてください。

バックナンバー