年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数

フリーダイヤル0120-949-565

お庭業者の紹介はこちら

スタッフ待機中

剪定・伐採業者を24時間365日ご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-565

剪定・伐採業者を厳選してご紹介! 業者の紹介を依頼する

2013-7-2

草刈りの目的と道具選び

一年中(多少冬は少ないと思うが)無くなることのない草。刈っても刈ってもどこからともなく生えてくる草。一般の家庭では結構悩みの種ではないでしょうか。
でも、草刈りと一言で言っても調べてみると奥が深い。草刈りにも目的がある。
一般的に私たちは草刈りというと雑草をつみとる草むしり的なものととらえることが多いと思いますが、他の目的として飼料や肥料として用いる資源とする場合もある。
草刈りにもいろいろなシチュエーションがある。空地、堤防など公共的なところから個人住宅のお庭まで。草刈り機を使ったり、鎌を使ったり、手で抜いたり。
除草剤を使い枯死させる方法もある。最近では防草シート(雑草防止シート)が販売されています。ただ、色々な種類があるようなので、剪定業者の方に聞いて購入されることをお勧めします。
草刈りをご自身でされる場合、草刈り機は手早くキレイにできるので便利だと思いますが、一般の主婦の方では少し重たいのであまり使用されてないかもしれません。
鎌は誰でも使える分結構な肉体労働になると思いますが、しっかり研いでおくと刈ったあとの仕上がりが綺麗だそうです。
今の時代、代行業者があり、依頼は多いのではないでしょうか。

バックナンバー